カリンバ遺跡

多くの装身具と一緒に埋葬された

墓からたくさんの副葬品が出土しました。なかでも4基の合葬墓からは多数出土しています。それらは、漆塗りの櫛をはじめ、髪飾り、額飾り、耳飾り、腕飾りの輪、珍しい飾り紐や腰飾りの帯など、実に多様な縄文時代後期のアクセサリーです。人骨は消えていましたが、合葬墓の被葬者にはひときわ多くの装身具がそえられ、漆塗りの装身具のほか、サメの歯の飾り物、滑石・かんらん岩製の玉と勾玉の首飾りなど、豪華な装身具に包まれています。
  • 縄文時代後期後葉の漆塗り装身具・玉が多数発見されている!
  • 多くのヒトを埋葬した合葬墓4基を調査した!
  • 隣の低地面は合葬墓を造った人たちの住まいの場!

遺跡所在地

恵庭市黄金中央5丁目216-7
■JR恵庭駅から国道36号方向へ徒歩10分(約0.8km)
■国道36号と団地中央通り交差点から南へ徒歩5分(約0.4km)
※専用駐車場はありません。

カリンバ遺跡

恵庭市黄金中央5丁目216-7

恵庭市郷土資料館
住所/恵庭市南島松157-2
TEL/0123-37-1288
FAX/0123-37-1288
時間/9時30分~17時まで
入館料/無料
休館/月曜日、祝日の翌日等、毎月最終金曜日、12月29日~1月3日
カリンバ遺跡
恵庭市郷土資料館
TEL: 0123-37-1288 FAX: 0123-37-1288 shiryoukan@nullcity.eniwa.hokkaido.jp
ページの先頭へ