コタン温泉遺跡

縄文時代のタイムカプセル 貝塚から生活文化を知る‼

遺跡は、八雲の市街地から南東に約4kmの道立公園噴火湾パノラマパーク内に所在している。縄文時代中期から後期にかけての住居址が25軒、中期から晩期にかけての土壙が124基、貝塚が3カ所検出され、第3貝塚の後期の貝層から出土した土器、石器、骨角器、牙・貝製品346点が国の重要文化財に指定されている。
  • 縄文時代中期から晩期にかけての遺跡
  • 貝塚からは土器、石器、骨角器、貝・牙製品が出土
  • 多くの動物遺体や埋葬人骨も検出された

遺跡所在地

二海郡八雲町浜松281他
バス 函館バスセンター発長万部行き 浜松温泉下車 徒歩10分
自動車 札幌から約200km(道立噴火湾パノラマパーク内)
八雲町郷土資料館
住所/八雲町末広町154番地
TEL/0137-63-3131
FAX/0137-64-3848
時間/9時00分~16時30分
入館料/無料
休館/月曜日、国民の祝日、年末年始(12月29日~1月5日)
HP/http://www.town.yakumo.lg.jp/modules/museum/index.php
コタン温泉遺跡
八雲町教育委員会社会教育課文化財係
TEL: 0137-63-3131 FAX: 0137-64-3848 museum@nulltown.yakumo.lg.jp
ページの先頭へ