丘珠縄文遺跡

丘珠縄文遺跡(H508遺跡)は、約2万5千㎡の広さがある縄文晩期~続縄文初頭の遺跡で、複数の遺物包含層が地下2mの深さにそのまま保存されています。丘珠縄文遺跡では、市民ボランティアと協働で継続的な発掘調査を行っています。また、発掘調査で見つかった出土品は、おかだま縄文展示室で展示しています。体験学習館では、火おこしや土器パズル(無料)、土器づくり・玉づくり(事前募集制・有料)などが体験できます。
  • 市内で最大級の広さを持つ縄文晩期~続縄文初頭の遺跡
  • 市内では数少ない沖積平野の低地部に立地する縄文遺跡

遺跡所在地

札幌市東区丘珠町584番地2他(サッポロさとらんど内)
地下鉄東豊線環状通東駅→中央バス丘珠線〔東61〕・〔ビ61〕丘珠高校前下車、徒歩10分
〔夏季〕丘珠縄文遺跡体験学習館
住所/札幌市東区丘珠町574番地2他
時間/9時~17時
入館料/無料
休館/11/4~4/28
丘珠縄文遺跡
〔冬季〕おかだま縄文展示室(さとらんどセンターハウス2階)
●住所:札幌市東区丘珠町584番地2他
●時間:9時~17時
●入館料:無料
●休館:11/4~4/28までの月曜日(祝日の場合その翌日)、年末年始
札幌市埋蔵文化財センター
TEL: 011-512-5430 FAX: 011-512-5467
ページの先頭へ