本輪西遺跡

宅地の中に広がる大規模な貝塚遺跡

宅地の中に貝塚の露出が見られます。ここでは3mを越す厚さの貝塚や炉跡、お墓などが検出されています。今日、縄文以後、弥生・古墳時代の道内文化は「続縄文」と呼ばれますが、続縄文提唱の地は実はここ。大正時代この貝塚の調査により、縄文以後の道内独自の文化が明らかになったのです。
  • 宅地の中に広がる大規模な貝塚遺跡!
  • 貝塚やお墓が発見されている!
  • 「続縄文文化」提唱の地!

遺跡所在地

室蘭市本輪西町2丁目
※JR本輪西駅前の丘陵上
■JR本輪西駅から徒歩5分(約0.2km)
■室蘭ICからR37号を東室蘭方向へ車で10分(約6km)
※専用駐車場はありません。

本輪西遺跡

室蘭市本輪西町2丁目

室蘭市民俗資料館とんてん館
住所/室蘭市陣屋町2丁目4番25号
TEL/0143-59-4922
FAX/0143-59-3715
時間/10~16時
入館料/無料
休館/月曜日、祝日の翌日等、1月20日~3月19日
テーマ/室蘭市内の生活文化のうつりかわり
本輪西遺跡
※「民俗資料館とんてん館」で検索!
室蘭市教育委員会 生涯学習課文化振興
TEL: 0143-22-5094 FAX: 0143-22-6602 syougaigakusyuu@nullcity.muroran.lg.jp
ページの先頭へ