茅沼遺跡第2地点

今なお円形の落ち込み跡が確認できる縄文遺跡

遺跡は、温泉施設「憩いの家かや沼(現在営業廃止)」に隣接するパークゴルフ場内に広がっています。竪穴住居跡は現在でも地面に円形の落ち込みとして残されており、すぐに確認することができるほか、標茶縄文会による遺跡紹介看板も設置され、本遺跡の概要を知ることができます。また、本遺跡から出土した遺物は、標茶町郷土館ニタイ・トに常設展示されています。
  • 縄文時代の竪穴住居跡が明瞭に残る
  • 遺跡の集中地域
  • 縄文時代の住居跡地を目で確認できる

遺跡所在地

標茶町字コッタロ原野115-1
■JR 茅沼 駅から徒 歩10 分。乗 用車で3分
 (1㎞)JR標茶駅から乗用車で20分(16㎞)

茅沼遺跡第2地点

標茶町字コッタロ原野115-1

標茶町郷土館 ニタイ・ト
住所/標茶町字塘路原野北8線58番地9
TEL/015-487-2332
FAX/015-487-2364
時間/9時30分~16時30分
入館料/一般 200円(+税) 団体(20名以上) 150円(+税)
休館/7~8月を除く月曜日(月曜祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月31日~1月5日)
茅沼遺跡第2地点
標茶町教育委員会
TEL: 015-485-2111 FAX: 015-485-3764 kyoui@shibecha.ed.jp
ページの先頭へ