静川遺跡

静川遺跡は東西2つの丘の上にあり、東の丘から4千年前の環壕、西の丘から33軒の住居跡が見つかっています。
環壕は上幅2~3m、深さ1~1.8mの溝が139m巡っています。なかには2軒の建物跡があり、聖域と考えられてい
ます。縄文時代の環壕としては全国初の発見例で、当時の精神文化を知る上で貴重といえます。
  • 縄文時代にも環壕(かんごう)が存在した!
  • 縄文時代の大土木工事
  • 何のためにこんな大きなものを造ったの?

遺跡所在地

苫小牧市字静川93番地7~11
■JR苫小牧駅からR235号(途中までR36号線と重複あり)を厚真町方向へ車で25分(約18km)
※安平川を越えて左手に入口の看板あります。

静川遺跡

北海道勇払郡厚真町共栄577

苫小牧市美術博物館
住所/苫小牧市末広町3丁目9番7号(市民文化公園内)
TEL/0144-35-2550
FAX/0144-34-0408
時間/9時30分~17時(入館は16時30分まで)
入館料/大人300円(240円)・大・高校生200円(140円)・中学生以下無料
( )内は10名以上の団体料金・年間観覧券もあります。
無料観覧日/5月5日(こどもの日)・11月3日(文化の日)
休館/毎週月曜日(月曜日が祝日の時はその翌日)・年末年始(12月29日~1月3日)
静川遺跡
苫小牧市教育委員会 生涯学習課
TEL: 0144-32-6752 FAX: 0144-32-1233 shogai@nullcity.tomakomai.hokkaido.jp
ページの先頭へ