音江環状列石

平たい石を直径2~5mの大きさに環状に並べたものが10数基見つかっています。この遺跡からは土器片や飾玉、弓などが出土しています。かつては、祭跡かチャシ(とりで)ではないかと想像されていましたが、現在は縄文時代の墓と考えられています。
  • 縄文人のお墓といわれています!
  • 美しい翡翠の首飾りなど数々の出土品
  • 北斗七星をかたどった!?

遺跡所在地

深川市音江町字向陽
■空知中央バスで「稲見山入口」バス停下車、徒歩10分
■道央自動車道深川インターチェンジから10分

音江環状列石

北海道深川市音江町 深川沼田道路

深川市郷土資料館 (深川市生きがい文化センター)
住所/深川市西町3番15号
TEL/0164-22-3555
FAX/0164-23-3883
時間/9~17時
入館料/無料
休館/月曜日(月曜日が祝日の場合は直近の平日)、年末年始
HP/http://ikibun.com/center/museum/
音江環状列石
深川市教育委員会生涯学習スポーツ課文化・スポーツ係
TEL: 0164-26-2343 FAX: 0164-22-8212 gakuspo@nullcity.fukagawa.lg.jp
ページの先頭へ